俺と妻のほのぼの激闘日記 関東編

一緒になることを決めたは良いが、相変わらずの遠距離が続いていた。

しかも、彼女のお父さんは俺と学年が2つ(生年月日では一年とちょっと)しか違わない。

当然、お父さんは大反対。

一般的に考えたら、そりゃそうだよ。

 

そして、彼女の家族は仲がいい。

彼女にはひとつ年上のお姉さんが居る。既に結婚して家を出ているのだが、実家の近くに住んでることもあり、いつも行ったり来たりしている。

彼女も呼び出されて、家族で飲みに行ったりカラオケ行ったり、何かあると姉夫婦も一緒にお食事会とかやってる。

そんな中にお父さんと殆んど歳が変わらないオジサンが入ることは至難の技。

 

だから、俺たち二人は一生懸命に打開策を考えた。

どうしたら、何をしたら、どんな考え方なら、彼女の家族は俺を受け入れてくれるかってことを。

そんなことを一生懸命考えながら、それも共同作業だと思って前向きに考えながら二人の付き合いは続いていった。

 

そこで俺たちは、先ずはお姉さん攻略作戦を考え実行に移した。

所謂切り崩し作戦である。お姉さんの次は義兄となる旦那さん(義兄と言っても当然俺よりかなり年下)を攻略することにした。

彼女に段取りを任せて、俺が千葉県から逢いに行ったタイミングで三人でカラオケに行くことにした。

カラオケが不得意な俺はちょっと焦ったが、ここは頑張りどころだと思って、熱唱した。

昼間のフリータイムを利用したので、長い間熱唱したのである。

 

ここで、ちょっと脇道にそれるが、彼女はカラオケが抜群に上手い。

英語の歌でも発音がものすごく綺麗で本当に上手い。

だから当然、小学生の頃から音楽の授業では何でも独唱されてたらしい。

初めてのデートのときに二人でカラオケに行ったのだが、後から聞いた話では、俺の歌を聞いて心の中で大爆笑していたらしい。

まぁそうだろうよ。

しかし、それから彼女による俺のカラオケ大特訓が始まったのである。

今回のカラオケは、特定の楽曲でその特訓の成果が出てきた頃だった。

 

ここで、彼女のお姉さんのカラオケだが、俺はビックリした。

音程正確、抑揚バッチリ、とにかく超絶(この言い方古い?)上手いのだ。

以前、彼女が「うちが家族で一番歌が下手」

と言っていたが、謙遜しすぎと思って聞き流してたら。

恐るべき歌唱力を持った家族だと実感した。

 

三人でのカラオケ自体は楽しく終わり、お姉さんは俺の人となりもちゃんと見てくれて、「いい人」って言葉をもらったらしい。

そんなこんなで、俺たちは作戦を完遂したのであった。

 

(次回に続く)